統合失調症の奮闘記

統合失調症やリハビリについて綴っていこうと思います

ONE PIECE見ました

タイトル通り、one piece film goldを先日見てきました。

僕がスマホで近くの映画館を検索して、20時20分くらいの上映だったと思ったのですが、勘違いだったらしく21時25分からの上映となっていたので、それで鑑賞する事にしました。

※この時間帯は病人にはちとキツイと思いましたが、ダラダラ先になるのもあれなので、今回この時間で見ることにしました。

これまでの映画

この2年間映画を見たといえば、「コナン」のみ。

「異次元の狙撃手(いじげんのスナイパー)」を見ましたが、テレビも本も読めない状態でしたが、どうしてもコナンは外せないと思い、精神病院を退院して初の映画となりました。

しかし、コナン特有の「あれれ~おかしいぞ~」と同様、全くと言っていいほど理解が出来ませんでした。何と表現したらいいのか分からないのですが、犯人捜しの為に人を覚えないといけないのですが、「この人、紹介されたっけ??」といった事が多く、頭からすぐにポンっと抜けて支離滅裂の映画を見ている感じでした。

これは母親と一緒に行き、母親は「面白かった」と言っていたのですが、僕はこの時点で「映画が見れなくなった」と言うショックと「映画はしばらくは無理だ」という情けない気持ちで帰宅したのを覚えています。

その為、この2年くらいは、映画を見ることを止めていました。

2016年になって

見たい映画はドンドンと増えてきました。

銀の匙(実写版)」「るろうに剣心(実写版)」「神様のカルテ」「ガリレオ」等、以前は腐る程映画をみていたので、興味ある映画が沢山始まり沢山終わりました。その度に愕然としてガッカリしていたのを思い出します。

しかし以前も言った通り、やっとこの7月から本が読めるようになってきたので、映画もソロソロかな~と思い、今回の「one piece film gold」に挑戦することとなりました。たかが映画と健常者なら思うかもしれませんが、僕にとっては回復の度合いを測る物凄い機会です。

感想

f:id:haru_0422:20160815144440j:plain

今回の映画は「one piece」の「filmシリーズ」なので特に楽しみにしていました。しかし、スマホで予告を見ると、「う~ん、どうだろう・・・」と思いながらも、「filmシリーズなら外れはないだろう」と思い、実際に映画館に行きました。いつもは、Yahoo!の酷評を見ていくのですが、どうも最近これに疑問を抱いて、見るのを止めにしました。先入観なしの映画で実際にどれだけ楽しめるか、また自分の頭の中でどれだけ理解出来るか試したかったのもあります。

実際に鑑賞し、2時間経つとやはり「う~ん」という結果が一番に来ました。

面白いのか・・・??

ストーリー自体は、前に比べると格段に理解力は上がりました。しかし、感情移入が出来ない・・・「最近はジャンプでone pieceを読んでいないし、その為かな~」と思い返したのですが、結果として自分の頭の中でまだまだ感情が欠如しているようです。正常の状態なら面白く感じ、もっと楽しめたのかもしれませんが、今の段階ではただひたすらストーリーを追っているだけ・・・そんな感じがします。感情が伴っていません。

最後に

今回の「one piece」だけではなく、他の映画にも言えるかもしれませんが、多分「凄い!!」と評価のある映画を見ても、今の自分にとっては閑散とした映画と思えるかもしれません。

まだまだ感情移入したり、昔面白いと素直に思ったり感じたりした物を取り戻すのは、先の話になると思います。

早く映画で感動の涙くらいは流したいものです。

広告を非表示にする